知的障害者

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

福岡県北九州市で、36歳の娘の介護に悩み、首を絞めて殺害したとして61歳の母親が逮捕されたというニュースを見た。アパートで母と娘の2人暮らしだったそうだ。辛かっただろうと思う。
今の時代でも障害者を抱えた家庭には大きな負担が負わされていると思うが、障害者、今回は知的障害者についてデータを調べてみた。
内閣府に「平成26年度障害者施策に関する基礎データ集」というものがある。ここの「年齢階層別障害者数の推移(知的障害児・者(在宅))」によれば、知的障害者の人数は平成12年(2000年)で約33万人。平成17年(2005年)約42万人。平成23年(2011年)は約62万人と10年で倍近く増えている。やはり高齢化の影響で高齢者の数が増えている。一方、構成比では若年層は減少しているものの、実数では約9万人から約15万人で1.5倍以上に増えている。
今後この分野は深刻化していく危険性を孕んでいると思うのだが、調査は手薄のような感じを受ける。
AppliBanner_sentence2016

 

図表4 年齢階層別障害者数の推移(知的障害児・者・在宅)
出所:内閣府・障害者施策・平成26年度障害者施策に関する基礎データ集・図表4 年齢階層別障害者数の推移(知的障害児・者(在宅))