宅配便の取扱量

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

宅配便最大手のヤマト運輸が荷物の取扱量の抑制を検討しているという。ネット通販の普及で荷物量が急増して、ドライバーの労働環境が限界にきているためだ。
では宅配便の取扱数量はどのくらい増えているのだろうか、データを確認してみた。
国土交通省の自動車関連統計データの中に「宅配便取扱個数(宅配便)」というものがある。この中に宅配便取扱個数の推移のグラフがある。これを見ると宅配便の個数が劇的に増えているのが明らかだ。これほどの急勾配右肩上がりは最近見たことがない。平成26年度(2014年度)は取扱量36億個に上る。限界に近いのだろうか。
AppliBanner_sentence2016

 

宅配便取扱個数の推移
出所:国土交通省・自動車関係情報・データ 12 宅配便取扱個数(宅配便)公表資料