花粉症、スギ・ヒノキ林データ

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

花粉症の季節がやってきた。花粉症治療の新薬も多数出ているようだが、原因となるスギやヒノキをなんとかしてくれないとこの苦しみから抜け出すことはできないだろう。東京周辺の山を登っていると、山がスギ林で覆われているのを見て花粉症の私は戦慄を覚える。いったいどのくらいスギやヒノキがあるのだろうか。林野庁のスギ・ヒノキ林に関するデータを調べた。
日本全体では森林面積の28%がスギ・ヒノキの人工林が占めている。約3割が花粉症の原因をまき散らしている。東京や埼玉は40%、46%。静岡、愛知、三重は50%以上、高知、福岡、佐賀は60%を超えている。一方、北海道は1%、沖縄は0%だ。
花粉症から逃れるためには北に向かうか、南に行くか。苦しみは続く。

AppliBanner_sentence2016

 

都道府県別スギ・ヒノキ人工林面積

 

 
出所:林野庁・スギ・ヒノキ花粉に関する情報 > スギ・ヒノキ林に関するデータ