かつお節生産量

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

鹿児島県指宿市の山川水産加工業協同組合が「指宿鰹節」の知名度アップを図ろうとロゴマークを作ったと報道された。鹿児島県はかつお節生産量トップの県で、中でも屈指の産地である山川がさらなる知名度アップを目指しているという。とくに来年はNHK大河ドラマ「西郷どん」放送も視野に入れている。
とろこでかつお節、いったいどの位生産されているのだろう。農林水産省の水産物流通統計年報によると平成4年(1992)のかつお節の生産量は34,501t、かつおけずり節生産量は22,370tで、20年後の平成24年(2012)のかつお節生産量は32,265t、かつおけずり節生産量は18,096tである。若干減ってはいるもののそれほど大きな落ち込みではない。それが平成26年(2014)にかつお節の生産量が3万トンを割り、平成27年(2015)には、かつお節生産量27,612t、かつおけずり節生産量18,299tにまで落ち込んできた。原因としては輸入の増加があるだろう。輸入元は、フィリピン、インドネシア、ベトナム、中華人民共和国、モルディブなどで、4000t程度でほぼ生産量の減少分に当たる。また輸入されたかつお節は、だしの素、つゆの製造、加工食品などの業務用に利用されているそうだ。
ちなみに輸出だが、韓国、台湾などアジアへ輸出されているがわずかな量でしかない。
AppliBanner_sentence2016

かつお節生産量
出所:農林水産省 水産加工統計調査